小児科で子どもとお母さんを笑顔に

子供の健康が幸せを作る

Home > 小児科と予防接種

小児科と予防接種

医者や看護師から指導

小児科は子どもがかかる専門の科となっているため、お子さんの居ない家庭では利用する機会がありません。しかし、お子さんが産まれたことがきっかけとなって、頻繁に訪れるようになることがあります。まず、小児科には様々な予防接種で訪れるようになるはずです。何歳児かごとに検診を受けるように決められていることもあり、お子さんが産まれたらどのタイミングで訪れたらいいのか、親御さんはしっかりと把握しておくようにします。

何歳までにどんな予防接種を行うのかという基本的なことは、小児科に問い合わせをしてみることで簡単に知ることができるはずです。また、地域の役所などを訪れて訊ねてみることもいいかもしれません。一般的には、母子手帳を貰った時や、お子さんを産んだ産婦人科などでどんな予防接種をこれから行ったらいいのか、医者や看護師から指導されるようになっているものです。指示されたことはメモに取り、忘れないようにすることも重要です。

小児科での予防接種の種類

子どもが産まれると、小児科で行われる予防接種の一つに、ハシカなどが挙げられます。これは必ず受けておくべきです。一般的には、産後6ヵ月の間は母親の免疫力が赤ちゃんにも伝わっているため、その免疫力によって様々な病気から赤ちゃんは守られているものです。よって、予防接種も産後6ヵ月の間は受けなくていいことになっています。

何ヵ月検診や1歳児検診のように、乳幼児は定期的に小児科で検診を受けることになっているため、これもきちんと訪れるようにすることがポイントです。体重測定や成長の様子などを医師に診てもらいます。こういった検診時にも予防接種についての説明がなされることがあります。これを機器のがなさないようにすることも大事です。

どんな種類があるのかも、一覧にしたものを持ち帰るようにするといいかもしれません。ハシカや風疹、日本脳炎など、様々な予防接種が年齢に応じて受けられるようになっていることから、受けられるものはしっかりと受けておいた方が安心です。