小児科で子どもとお母さんを笑顔に

子供の健康が幸せを作る

Home > 小児科と呼吸器系の病気

小児科と呼吸器系の病気

状態をよく見て小児科を訪れる

小児科は子どもが訪れるところですが、子どもの病気にはいろいろあります。特に多いものは呼吸器系の病気です。喘息に悩まされているお子さんはとても多くなってきています。この原因として考えられることは、現代的な生活環境です。現代的な食事が原因となっていたり、化学繊維によるものから症状がひどくなってしまうこともあります。

いずれにしても、喘息のような呼吸器系の病気は早急に治療が必要です。放置していると症状が悪化するだけではなく、命の危険にさらされしまうこともあるからです。それから、小児科を訪れるお子さんの中でも呼吸器系の病気としてよく知られているものに、気管支喘息も挙げられます。

こちらは一見、単なる風邪の症状だと思われがちなので、診察に訪れることが遅くなってしまうこともあります。単なる風邪だと思っても治療の必要な病気の可能性もあることから、お子さんの状態をよく見て小児科を訪れることをお勧めします。これは親御さんの注意力が重要となってくるものです。