小児科で子どもとお母さんを笑顔に

子供の健康が幸せを作る

Home > 近年増えている小児科のアレルギー患者

近年増えている小児科のアレルギー患者

昔はそれほど見られなかった小児科にかかる年代の子供のアレルギー患者がとても増えてきています。要因となる物質は食物アレルギーや花粉症等様々な物が挙げられますが、昔に比べ増加傾向にあります。

原因としては、過度の清潔思考や抗生物質の使いすぎ、車から排出される排気ガス、常に化学物質に触れるような生活等様々な要因が考えられています。
その為小児科でもアレルギーを専門に掲げる医師も増えてきています。

小児の食物アレルギーの場合、年令が上がるに連れて改善されていく事が多いようです。始めは除去から始めても負荷試験というように徐々に原因物質を食べる練習を行う事で口にできる量を増やしていきます。

ただ、重度の食物アレルギーの場合はほんの少量が口に入ってしまったり、吸い込んでしまうだけでアナフィラキシーと呼ばれる危険な状態になってしまう人もいます。幼稚園や学校でもアレルギー対応食を用意してくれる所も増えていますが、間違えて摂取してしまう等で緊急搬送されるというニュースも良く耳にするようになりました。発症する年令は年々低年齢化しているとされ、子供達の健康を考えるには原因とされる環境問題にも積極的に対応していく事が大切となっています。